パープル暈し市松長襦袢
チラッと袖の所と
チラッと衿の所と
チラッと裾の所しか見えないですけど、

だけどそのチョット、そのチラッと見えた時に
「おしゃれ〜」「カッコいい〜」「わ〜こういうのあるんだ〜」
と思われるのと、ちょっとガッカリされるのとえらい違いです。

ほとんどの人、そんなところ気にしてないですよ。
ほぼ自己満足的なことでもありますよ。

だけど手を抜かずにしっかりと
絹で長襦袢も作る。

素敵です

パープル暈し市松柄の絹長襦袢オーダーいただきました。
f0069864_1646179.jpg
f0069864_16461346.jpg

お洒落という話は置いておいて、

長襦袢は着物より内側で
体に近いところですから
当然のことながら着心地にダイレクトに影響します。

いくら着物のサイズが合っていて
絹で着心地よく、さばきが良かったとしても

長襦袢のサイズが悪くさばきの悪い素材だったら
残念ながら着心地は悪くなります。

サイズが悪ければ
終始着崩れに近い状態でしっくりこないし
着崩れた時により崩れてしまう。

さばきが悪ければ突っかかって動きずらい。

なのでより快適に着物を着たい方には
重要なところです。

リサイクル(他店)の長襦袢をたくさん
見てきた感覚で話しますと、

10枚中8枚くらいは関東衿の長襦袢で
着物のような衿の無いタイプです。

10枚中2枚は関西襟で着物のように
衿のあるタイプです。

私は関西襟のほうが理にかなっていると
考えてますので当店の長襦袢は関西襟に仕立てています。

関西襟に仕立てるメリットは衿先が
帯からつまめるところに位置して着崩れた時に
引っ張りやすいことだと思います。

けど
リサイクルの長襦袢で
関西襟かつ妻下の長さを調整して帯から
衿先が5cmから10cmくらい出て
つまみ易くなっていて着崩れた時に直しやすくなっている
サイズの長襦袢を私はほぼ見たことがありません。

そんな細かいところを考えないで
男の着物のサイズの決まり事みたいのがあって
そういうだいたいのサイズと取り方が当たり前の
業界ですが、

ここ2〜3年男着物の動きも
多くなってきているので段々と改善していくと思います。

しかしまだまだ現状、大雑把な世界なので
「なんかしっくりこない」「なんか決まらない」
「どうやって直せばいいのかわからない」
などサイズのこと、着方のこと気になる方は
私に相談してみてください。

今日襦袢の妻下のこと初めて書きましたけれど
わかりずらいと思いますので、
ご自分の着物、長襦袢を持ってきていただければ
現物を確認しながら説明します。

当店で着物と長襦袢を既に作っている方々には
僕が勝手に「凄くいいサイズ」でやっているので大丈夫です。

しかしながら
着るのはお客さまなので気になることは何でも言ってください。
快適に着物で遊べるようにしっかりアフタフォローもさせていただきます。

















.
[PR]

by appers-jp | 2016-11-05 18:27 | 男のきもの(商品紹介)
<< 長襦袢のサイズもしっかり合わせる。 大きな縞の紬羽織に絹ピンク羽裏 >>