裏勝り

着物はシンプルに
無地、縞、格子くらいにして
素材感の深みで勝負する。

裏の襦袢、羽裏は一転して
ブルー地の浮世絵だったりして
裏で遊ぶ「裏勝り」

やっぱり「男の着物」って
基本はそういうことだと思います。

派手な着物は女性に任せて
男は一歩引いてシンプルがいいでしょう。
f0069864_1452678.jpg
f0069864_14521823.jpg

f0069864_14523378.jpg
f0069864_14524250.jpg

そうは言っても
派手なの、遊んでるの、出オチ的な着物も
たまには楽しくてイイですかね。

僕は基本的にシンプルなものを大事に長く使ってほしい
と思ってこの仕事しています。

余裕のある方は
長くは使えないかもしれないけど、
遊びの派手な着物も楽しんでほしいですね。

写真は長襦袢用の反物です。
こういうの中に着て袖口からチラッと
派手なの見せる感じ。

やっぱりやっぱりそういうことでしょ。






















.











.
[PR]
by appers-jp | 2016-10-29 14:56 | 男のきもの(商品紹介)